人生の転機に気づくNLPセミナー


人生の転機は、どのタイミングで訪れるのかわかりません。
だからこそ、常にアンテナを張っておきたいものです。

しかし、日常の生活では、この人生の転機に気づきません。
そして、後になって気づくのです。

「あれは自分の人生の転機だった」と。



私の場合は、NLPを学ぶことで多くの結果を
得られるようになってきたのです。

NLPを学んだ事での一番の大きな変化は、
自分の人生の転機に気づけるようになった事です。

この違いを知ることができたのは、
とても大きな変化でした。

NLPを学んだ事で、人生の転機に気づけるようになったのですが、
この中で、一番大きな転機だったのは、人生の転機に気づけて、
その気づきを自分に活かす事ができるのです。

人生の転機に気づくことで、
どのような変化を体験できるのか?

人生の転機を知ることで、人生の大きな変化を体験できるのです。

そして、大げさなものですが、
目に見えないものに導かれるチカラを手に入れる事ができます。


この違いは、とても大きなものです。


自分の無意識との対話もスムーズになってくると言えるでしょう。


無意識との対話をスムーズにするためにも、
NLPを学んでおく事がどれだけ大事なものであるか?

その違いにも、気づくことができるのです。




私の場合は、こんな事に気づきました。

それは、NLPこそが人生の転機だった、ということです。


NLPを学んだ事で、人生の転機が訪れました。

これまでの物事の捉え方が逆転しました。

このような体験ができたのは、
NLPを学んだからでしょう。

NLPを学んでよかった、と思います。

客観的に自分を見つめることの意味

客観的に自分を見つめること。

これは、とても難しいものです。

しかし、客観的(アソシエイト)できることで、
どのような変化を持つことができるのでしょうか。

それは、自分の事を認めて、
自分の内側に持っているものに気づくことができるのです。

この違いに気づくことが出来れば、
これまでにはなかったことに気づくことでしょう。


実際には、多くの人がこの事実に気づくことができません。

周囲の世界は、内面の鏡だということに。


例えば、嫌いな現実が起こるとします。
目を覆いたくなるような現実です。


しかし、この現実が自分の内面から起こっていることだとは、
認めたくないものです。


だからこそ、周囲の世界は、内面の鏡だという事に、
気づくことが出来る人は、とても少ないのです。


しかし、逆に気づくことができたらどうでしょうか?


この目を覆いたくなるような現実からでさえも、
多くのことを学ぶことができるのです。

自分が自由であることに気づくことができるのです。

この違いに気づくことが出来れば、
多くの成果や結果を得ることができるのです。


そのためには、自分の事を客観的に見ることができると、
ベストです。

しかし、客観視する事は最初のうちは困難なはずです。

そこで、NLPのテクニックがあります。

ポジションチェンジというNLPのテクニックです。

このNLPのテクニックを使うことで、
自分の事を客観的に見ることができるのです。

それは、とても大事な事です。

NLPのポジションチェンジは、
以前、別の記事で書いているので、ぜひ、読んでみて下さい。

http://www.lovelifeandpain.com/koramu/pojisyon.html

NLPを学ぶまで気づかなかった事


NLPを学ぶまで気づかなったことがあります。
それは、自分自身への自信です。

自分への自信。これはとても大事なものです。
NLPを学ぶことで、これらのことに気づくことが、
できるようになってくるのです。

なぜでしょうか。

それは、NLPが自分の事を掘り下げる作業を行うからです。


自分の事を掘り下げる作業は、とても大事です。
NLPを学ぶことで、自分の事に気づけるようになります。

NLPでは、こんな事を行います。

それは、自分の内面を掘り下げることです。

自分の内面を掘り下げることで、
自分への自信が身につきます。

NLPでは、リソースと言われている言葉がありますが、
このリソースをうまく活用することが出来れば、

自分の成長を達成することができるのです。

結局は、自分で自分の事を認めるしか、
解決の方向性は見つかりません。

なぜなら、自信とは自分自身から生まれるしかないものだからです。


自信を付けるためには、
例えば、NLPタイムラインセラピーと呼ばれている
NLPのテクニックがあります。

NLPタイムラインセラピーを行うことで、
過去の自分自身と向き合うことができ、
未来の自分自身の可能性を探求することができます。


つまり、過去と未来と現在を点で結ぶことができるのです。


NLPでは、過去と未来をつなげることで、
これまでにはなかった結果を起こすことが出来るようになります。

NLPを学んで、自分自身へ自信を持つことが出来るようになります。

辛いことが過ぎると忘れてしまう

人の記憶とは、とても面白いものです。

忘れたいことは忘れることができますし、
忘れたくないことは、忘れることができません。

人間の記憶の面白さに気づくことが出来るのは、
それは自分自身が思っている以上の変化を知ることができるからです。

記憶とは、とても大事なものです。
その人の心の状態に気づくことができるもの、
記憶なのです。

そして、これはとてもおもしろいことですが、
実は、人の心の状態とは、
自分が記憶だと思い込んでいるものは、
自分自身が創りだした記憶であることが多いです。

だからこそ、自分自身のことに気づくことができないと、
その後の多くの変化を体験することもできないのです。

この人間の記憶の不思議さは、
NLPで言う所のVAKモデル(代表システム)について、
話すことができれば、わかっていただけると思います。


NLPのVAKモデル(代表システム)とは、
このような変化を起こして頂けるようになっています。


人は、記憶をするときには、
視覚・聴覚・身体感覚を使っています。

もしも、自分の心の状態を知ることが出来れば、
自分がどの感覚が強いかを知ることもできます。

そうすることで、これまで以上に、
自分の能力の変化を引き伸ばすことができますし、
大きな変化を起こすことも容易になってくることでしょう。

人の記憶とは五感を元にして、作られているものなのです。
この違いに気づくことが出来れば、自分の記憶を
変化させることも容易になってくることでしょう。

NLPを学んで、人の記憶の面白いさに気づくことができました。


承認を与えることがコミュニケーション

あなたがいてよかったよ。こんな言葉をかけられると、
どのような心持ちになりますか?

きっと、うれしい気持ちになることは間違いのないことだと思います。
この相手の気持をわかっているにもかかわらず、
相手のことを認めたり、ねぎらったりすることは難しいです。

不思議なものですが、
この難しさは、どこからくるのでしょうか。

これは、心理的な問題から起こってくることなんだと思います。
人に承認を与えることが出来る人は、心の中身がいっぱいになっていないと、
難しいこととなるでしょう。

そうすると、心が満たされている瞬間に、
周りの人に承認を送ることが出来るようになるのです。

そのためには、自分の心を満たすことが大事です。
もしも、それができないとしたら、人に承認を与えることは、
難しいのではないでしょうか。




NLPでは、この承認を与えることを
自己重要感と言います。

自己重要感を与えることによって、
人は、自信を持つことが出来るのです。

そして、その結果、いい仕事をすることができたり、
プライベートでも、いい結果を産むことが出来るのです。

この違いは、とても大きな違いです。

自己重要感を満たすときには、
このような方法を使うことをオススメします。

その方法とは、
・あなたのことをみているよ。
・あなたがいてよかったよ

こんな事をうまく伝えることが出来るといいのです。

最初のうちは、不器用になってしまうと思いますが、
それでもやってみるといいでしょう。

とても大切な考え方の一つです。

ニュートラルな気持ちで俯瞰してみること



ニュートラルな気持ちで、学びをしてみましょう。
NLPセミナーでも同じですが、気持ちの中に、邪念があると、
その邪念が邪魔をして、その人の心のうちを映し出すことが、
できなくなってしまいます。

良い意味での変容を感じることができないのです。
心の変化を感じることができるのです。


NLPセミナーに参加した時には、
NLPというものに実は懐疑的なものでした。

本当に意味があるのか?と心の中で呟きながら、
思ったものです。

しかし、実際に参加してみると、
とても深い気づきを得ることができて、
とても興味深くなりました。

そして、気づくと童心のような気持ちに・・・。


この気持ちになることができたのは、
とても大事なことでした。

この気持ちになると、学習がススムススム。

本当にこれまで、斜に構えていた事がもったいないことだったと、
気づくことになりました。

その事に気づくことができるようになってくることで、
自分自身が感じていることを知ることができるのです。

自分の直感が感じていると言ってもいいのかもしれません。
この違いに気づくことができるようになってくることで、


NLPに限らず、ものごとを学ぶときには、
ニュートラルな気持ちで捉えてみると、いいかもしれません。

これまでにはなかった気づきを得ることもできるようになるでしょう。
この気づきが、一番大きな事でした。

NLPを学んで良かったことは、
そのような違いに気づくことができたことです。


学びを深める時には、
このようなことに気づくようにしましょう。



相手の心を掘り下げるNLPセミナー






相手の心の状態を掘り下げるには、
実は自分が色々と勉強になることがあります。

その事は、対話の中で生まれてくる可能性です。
相手のことを掘り下げることをNLPセミナーでは行います。

だからこそ、この事に気づくことができるようになってくることで、
さらにいい結果を持つことができるのです。

自分の可能性を知る事になってくることで、
さらにいい結果を持つことができるようになってくることでしょう。


相手の心を掘り下げるNLPセミナーとは、
どのようなものでしょうか。

その一つとして、このようなことを挙げることができると思います。

有効な質問を行うことです。

この有効な質問とは、どのような事を指すのでしょうか。


有効な質問は、相手が何かに気づくように、
導くようにする考え方のことです。

この考え方をうまく出来るようになってくることで、
これまでにはなかったことに気づくことができるのです。

NLPを学ぶことで、実はその質問のスキルを自分自身に使うことができるのです。
そうすると、どのような傾向になると思いますか?

これまでにはなかった可能性にも気づくことができるようになってくるのです。
とても大事な感覚です。


この感覚を持つことができるようになってくることで、
これまで以上に自分の事に気づくことができ、
相手のことに気づくことができるのではないでしょうか。

その事を本当に思います。
とても面白い考え方の一つです。

NLPセミナーで一番のギフトは、このようなところにありました。







壁から学ぶことができることとは?





人生を長年やっていると、
これまで色々な壁にぶつかってきた。

しかし、今更ながらに思うこととは、
その壁とは、大した壁ではなかったということだ。

このことに気づくことができているからこそ、
これから自身の目の前に起こってくる壁を超えることができるのだ。

自分のことを信じることにもつながってくるのだろう。
とても大事な事だ。

自分のことを信じることができることで、
これまでにはなかった壁を超えることができる。

自分のことを信じる力こそが、一番大事なことなんだと痛感している。
どこかで、人は自分自身の限界を作ってしまいがちだ。

だが、この点を超えるには、壁を超える経験が欠かせない。
壁とは、たいしたものではないこの認識は欠かせないものだ。

しかし、壁を壁と感じなくなったわたしでも、
そのことがわかるようになってくるまでには、長い時間がかかった。

自身の現状の中にしばられてしまっていたのだ。
現状という現実に縛られることほど、怖いものはないのだ。

だからこそ、そのことに気づくことができたことで、
自分の能力は向上した。

そのきっかけとは、NLPセミナーで学んだことだ。
NLPセミナーでは、心理学を学ぶことができる。

つまり、人の認知の部分を学ぶことができるのだ。
このことを学ぶことができるわけで、
私は自身の現状に縛られることがなくなった。

とても貴重な経験だったことを覚えている。




引き際を大切にしたい





NLPマスタープラクティショナーで覚えたNLPのテクニックで、
老賢者のワークというものがあります。

このNLPのワークを行うことによって、
いろいろな側面に気づくことができることでしょう。

それは、自分自身が今後どのような人生を歩いていくことが、
重要なことであるかを知ることにも繋がってきます。

この違いに気づくことが出来ることで、
これまでにはなかったことも見えてくることでしょう。

まずは、NLPマスタープラクティショナーの中で、
行われている老賢者のワークについて、説明をしたいと思います。

この老賢者のワークは、色々な事に気づくことができます。
ちなみに、この老賢者というのは、将来の自分のイメージの事を言います。

そして、ポジションチェンジを行なって、
自分自身の心の状態を知ることができるようになってきます。

ポジションチェンジを行なって、イメージの中での
老賢者の部分に入り込みます。

この老賢者は、自分自身の未来の姿で、
人生の全てを知り尽くしている人です。

その人の心の中に入り込むことが、
できるようになってくるものです。

この過程を経ることによって、さらに多くのことを
知ることができるようになってくるものです。


この老賢者からは、自身の引き際について、
聞くことになりました。

NLPマスタープラクティショナーで学んだ事です。
この違いは、とても大きなものです。

そして、知ることができるものです。
老賢者のワークをはじめとして、NLPマスタープラクティショナーで、
色々な事を学べます。




アクシデントを受け入れる勇気を持つ





あるスポーツ選手の話です。
この話は、スポーツ選手だけではなく、ビジネスマンの方にも、
使うことができるとても面白いものだと思います。

ですので、NLPの考え方を使って解説しますので、
ぜひ、最後まで読んでみてください。

きっと、共感することができる事と思います。




そのスポーツ選手は、大事な試合の前に、
怪我をしていまいます。

その怪我とは、そのスポーツ選手の選手生命を壊すようなものでした。
もしも、そのようなことが自分自身の身に起こった時に、
どのような反応を取りますか?

しかも、そのきっかけが他人から起こされたものだとしたら、
どのような反応を持ちますか?

この違いを知る事が、できるようになってくることで、
多くのことを学ぶことができるでしょう。

実際に、その選手が怪我をしたきっかけは、
サポートスタッフの不注意からでした。

結果的に、その選手は、引退をしてしまいます。
しかし、その選手が行っていることがとても参考になります。

と言いますのも、その選手は、起こった事を
恨むことはせずに、自分が出来ることに集中したのです。

それは、まさにNLPのテクニックとして、
考えることが出来るものとと思います。

NLPのテクニックの中には、
リフレーミングと言われているものがありました。

このNLPのテクニックを使ってみる事で、
思考の転換点を持つことができるようになりました。

この転換点を知ることが出来るようになってくることで、
多くのことを知ることが出来るようになってくることを
感じたことを思います。

NLPのリフレーミングを使って、
自身の心の切り替えをすることができることでしょう。